「暴風に強い」雨傘senz°(センズ)、真偽のほどは?


初めてオランダに上陸する際、fraternitéのスタッフでもある現地の友人から一言だけ、持ち物に関するアドバイスがありました。


「天気が変わりやすいから折り畳み傘を忘れないでね!」

さらに続けて

「折り畳み傘は絶対に壊れるから壊れても良い物を持ってきてね!」

と…。

 

壊れるのを承知で折り畳み傘を持って来いという謎のメッセージに疑問を抱きながら、一昔前の重くて丈夫な折り畳み傘を持って行きました。

滞在中は幸いにも雨には少し振られた程度でしたが、聞くところによるとオランダは国土全体、とても風が強いところらしいのです。

 

オランダでは暴風が吹き荒れる日、というのは珍しくなく、そんな日に出歩こうものなら、どんな傘でもすぐに壊れてしまうそうです。

そこで、「強風の日でも壊れない傘を作ろう!」という命題のもと、オランダ発祥のベンチャー企業senz°(センズ)がまったく新しいアイディアの傘を生み出したところ、全世界で大ヒットしました。

 

ではさっそく、実際にオランダの暴風にどれだけ立ち向かうことができるのか試してみましょう!

 

senz°(センズ)が提供している動画では、巨大な送風機のすぐ近くで傘を全身で支えながら立っている人の姿を見ることができますが、正直、そんな風は地上では吹いていませんよね。

風は地形や建物の影響で一定方向から吹き続けることはまずなく、四方八方から吹いてくることがほとんどです。

そのため、現実に日常で使用したらどうなのだろうか?と半信半疑でした。

 

ならば、私たちがやってみましょう!

決死の覚悟で【敢えて】実験も兼ねて風をモロに傘の内側に受けるように立ってみたところ…

(こういう状況はわざと作りださなくても、強風の日には風が舞ってよくあることですが)

 

呆気なく、ものの見事に裏表がひっくり返りました!!

 

「あっ!」

と思ったか、思わないか、ぐらいの一瞬の出来事。

焦る余裕も与えてくれませんでした。

しかし人間の本能なのか、パッと傘の向きを変えて風を防ぐように持ち替えると…

 

シャンっ。

 

と、何事もなかったかのように、元通り。

「いやいやアナタ。今一瞬だけど、この風に負けたよね?」

って突っ込みたくなるほど、澄ました顔して元の姿におさまりました。

ここまでシレッとされると、目の錯覚だったのか?と自分を疑いたくもなります。

 

しかし再度、同じ状況が期せずしてやってきました。

強風の日にsenz°をさして出歩いていると、ビューッとものすごい風が今までとは違う方向から吹いて来て、一瞬のうちに呆気なく裏返しになりました。

 

「もはやsenz°もこれまでか…」

 

と諦めた瞬間、風向きが再び変わって傘が風を遮る形になった途端…

 

シャンっ。

 

あまりにも何事もなかったかのようにシレっとしたsenz°の態度にはひとり苦笑してしまいましたが、ひっくり返った瞬間は本当に心臓に良くないですね。

しかし、よくよく考えてみれば、

【強風でも裏表がひっくり返らない傘】

 なんてことはメーカーも謳ってないんですよね。

あくまでも、

【強風でも壊れない傘】

なんです(と勝手に解釈しました)。

 

普通の傘なら、一度ひっくり返ったらもう元には戻りませんよね。

でもsenz°なら、「あっ、やられた!」と思うくらい目一杯ひっくり返ったとしても、次の瞬間には「シャンっ」としています。

これこそが、senz°の真骨頂!

本当にすごいリカバリー力、まさに奇跡なのです!

 

くれぐれも、みなさんはメーカーが推奨しているとおり、傘を風上に向けて使用してくださいね(風にあおられて転倒などの危険があります)。 

 

そんなこんなで何度もヒヤリとさせられてはいますが、私のsenz°は雨の日も風の日も元気に頑張ってくれています。

(ちなみにシッカリUV加工もされているので、晴れている日でも日傘として使用しています)

 

なお、使用している商品はオンラインショップでもご紹介している【senz° smart s】の折り畳み傘です。

こちらは【senz° original】が定めている100km/hとは異なり、60km/hの風にも耐えられる、というメーカー保証になるのでご注意ください。

 

※ senz°では商品のラインアップによって、

  使用限界の風速が異なります。

  他店でお買い求めの場合は商品を充分にご確認ください。

 

「台風の日でも傘をさすことを諦めたくない!」という方はぜひ、

個人輸入代行お問い合わせフォーム≫ 

 からお申し込みください。

 ビジネス傘のような色ばかりが日本では販売されていますが、現地では雨の日が楽しくなるようなステキな柄が次々と発売されていますよ。

 

 

 

 

 

 

 

==========

 

余談ですが…

メーカーのキャッチコピーとしては「100km/hでも大丈夫!」と言われていますが、日本では風速を表す単位は「m/s」。

一瞬ドキリとして計算したところ、100×1000÷60÷60で計算すると、

風速約27m/s

ですね。

大型台風の最大瞬間風速には、さすがのsenz°も負けるかも…?

いやいや。

そもそもそんなときは外に出ること自体が危険なので、このくらいでちょうど良いのです。

 

fraternitéでご紹介している【senz° smart s】は60km/hが使用限界風速とされています。

上記同様に計算すると、

風速約16m/s

ですので、台風の暴風雨が吹き荒れる日には使用しない方がいいと思います…(使用者のみなさんとsenz°の安全のために)。

twitterで最新情報配信中